So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

伊藤咲子パーティ@代々木 [ライヴ]

4/19は代々木レストランで伊藤咲子ショー 50th Birthday Party.
13:00ランチ開始の10分前に入った時点でほぼ満席、予約客限定の50人。ワイン飲んでイタ飯食べて、ひまわり隊ファン同士と
語り合っていたらすぐに14:00、サッコが登場してミニライヴ開演。隣席には未入隊のサッコ初めてというご婦人、ご自身も楽器を演奏するとのこと、さらにその隣にはvocalist musician, サッコはアイドル時代からのファンだけでなく本格派音楽人からも注目されてるってことだわさ。

今回はカラオケでもバンドでもなく、ピアノ伴奏のみ。ゆえに、いつもの♪ひまわり娘♪も♪乙女のワルツ♪も、なんか初めて聴く・・・って感じだし、♪夢ごこち♪なんて、まさに夢心地で聴き惚れる。


なんたってアイドルポップ ~つぶやきあつめ~


ひまわり娘(紙)


ベスト・コレクション


サッコもプライベートではいろいろあるみたいだけど、
いくつになってもバースデーはハッピーだゼイ。。。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

池袋演芸場 [ライヴ]

4/10は池袋演芸場へ初参戦、何人かの出演者が異口同音に「こんなにお客がいてビックリ、ブームのおかげで」だと。数年前は、お客より出演者の人数の方が多いのが当たり前だったらしい。恐るべし団塊世代。立ち見こそいないが追加補助椅子含めてほぼ満席状態、しかも若い世代も結構いたな、だれが目当てだったんだろ。

噺家の小言指南

オイラは小円歌と歌る多、円歌の女流弟子二人が共演!すると思って出掛けたのだが・・・残念ながら小円歌は出ず。でも、歌る多の噺は途中からだったが、しっかりしてた。金銀鉄の三姉妹っていうのもGood、お初だったけどこれから追っかけちゃおうかしら。
ほかにも正蔵、ペペ桜井、そしてトリの歌之介。ここは1人の持ち時間が長め、歌之介は約45分間に渡って熱演してくれた、飽きさせることなく龍馬の噺、その中に故郷薩摩の話題を取り混ぜて・・・ズバリおもしろい、笑える。

落語いってみよう、やってみよう


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ジュリーマニア [ライヴ]

4/4お釜の日?は銀座ジュリーマニア、会場超満員、2週間以上も前に電話予約では満席と断られたんだが、コネを頼って何とか1席確保。出演の佐藤クンは二十数年前にジュリーの物まね日本一チャンピオン、開演前に当時のビデオ映像も流れ、カッコ良い当時の本物ジュリーと若き佐藤クンのツーショット映像もあり、淡谷のり子さんの映像もあり、早めに入店して正解だった。

風邪気味なのか花粉症のせいかいつもよりかはちょっと不調とのことだったが、いやいやどうして、本物よりも多分おもしろくて、こんなに間近に見られた、時間も正味2時間半とたっぷ~り、おまけに偶然隣の席には美人が座り、ワイン片手に堪能できるし5拍子揃ったステキなステージ。会場も老いも若きもノリノリ。


思いきり気障な人生


JULIEVIII JEWEL JULIE


JULIE

青春真っ只中だったせいもあるけど、やっぱあの頃は日本全体に勢いがあったんじゃなかろうか。だから、いい時代だった、、、過去形じゃ悔しいゼイ。

Sさん、Pさん、special thanks.
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

JAL名人会 [ライヴ]

3/26は飛行機ラジオ録音用落語、JAL名人会へ。トリは円蔵、昔の月乃家円鏡、今回も談志や三平の話題をだしてたけど、これぞ「いつまでたっても昔の名前で出ています」って感じかな。

八代目橘家圓蔵の泣き笑い人情噺

何人かで食事に行って、勘定の時に談志が毒蝮三太夫に言ったことば。割り勘はみんなが不幸になる、お前が一人で払えば不幸になるのはお前一人ですむし、他のみんなは幸福になる。人類の幸せのためなのだから、お前が全部払え。


落語にラジオ―まむちゃんつかちゃんの


このところPCが絶不調、すぐおちる。ソニーVAIO、まだ3年もたたないのに・・・所詮オーディオメーカーにPCは無理なのか!?
3月はブログ1周年記念だったのに、これじゃ書く気が起きないゼイ。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち) [シネマ]

3/19、テアトル新宿にて「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」を観た。

若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程


3時間以上の大作、長く重いゼイ。途中2度ほど退席を考えた「見てらんない」、が、最後まで釘付け。

全学連、ゲバ棒、内ゲバ、こんな言葉は小さい頃に耳にしていた。
♪やめてけ~れ ゲバゲバ♪ 「老人と子供のポルカ」は1970年だったそうだ。1970年のこんにちは、大阪万博か。連合赤軍、あさま山荘事件、1972年2月。♪虹の地平をあゆみ出て~きみの名を呼ぶ オリンピックと♪ 「虹と雪のバラード」の札幌オリンピックが閉会した直後。 

世直し、革命、過激派、集団リンチ、、、
少年の叫び、「みんな、勇気がなかったんだ!」


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

三平堂落語会 [ライヴ]

2/16は当初の仕事予定が急遽なくなったため、ねぎし三平堂の落語会へ出向く。昨年9月より続く、林家木久扇、木久蔵親子のダブル襲名披露がメイン。そしてそして、なんと本日はサプライズ!! 林家こん平師匠が口上に立ち並んだのだ!

林家木久蔵一門会 爆笑ビックショー!

声が出ないため笑点からはずれ、見たとこ梗塞気味で手足にも病状あるようだけど、なにより舞台に出た、挨拶できてるのでたいしたもんだ。本日の三平堂は隣の人との間合いも取れないほど超満員の100名以上、みんなの拍手はこん平師匠に向けられていたんでないかい。
また、正蔵がいないせいで司会やら仲入に活躍し、もちろん話もおもしろい鉄平師匠、4月には鈴本でトリを取るらしいので精進してください、って向うは年上だぞかなり。春風亭一朝師匠もお初だったがおもしろかった。やっぱ、落語がブームになるのがわかった久々の三平堂だったゼイ。

関西じゃ、テレビのおかげで女性の入門を断るくらいのブームらしい・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

NHK爆笑最前線 [ライヴ]

2/5はNHK-BSふれあいステージ、2本録りに参加。出演は、博多華丸&大吉、安田大サーカス、あべこうじ ほか若手とはいえない 37才いとうあさこ、体操選手と自衛隊のコンビ 弾丸ジャッキー など。
司会のビビる大木は知ってたけど、山崎バニラは初対面、ナオコーラなら聞いたことあるけど、いやテレビですら見たこたないぜよ、声が可愛らしくってファンになりそう、大正琴弾けるみたいだしイ。ググッてみたら清泉女子大学スペイン語科卒の活弁士だって、謎だ~ッ!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

高木め里さん~ピアノ弾き語り [ライヴ]

2/4は高木め里さんのピアノ弾き語りライヴ、主催はなんと財団法人 勤労青少年協会、さらに後援は、厚生労働省、東京都、渋谷区、渋谷区教育委員会、(社)全国勤労青少年ホーム協議会。会場は渋谷区リフレッシュ氷川 1F 集会室、堅そう。でも、内容はとてもわかりやすく、彼女の半生を語りながらの歌謡ポップスを歌ってくれた。♪見上げてごらん夜の星を♪を会場の皆様全員で歌っちゃったりして、歌声喫茶風?な場面も。
見上げてごらん夜の星を
見上げてごらん夜の星を(CCCD)

集会室は小学校の講堂みたいでスピーカーも少々ハウリングしてたけど、無料コンサートにしてはいい味出してたんじゃないかね、ウンまずまず。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《TV》桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!! [TVライヴ]

2/2はwowowにて、 桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOW鑑賞。

白い恋人達

恒例の年末年始にかけてのカウントダウンはもちろんリアルタイムでも視てたんだが、途中寝てたり酒飲んだりお年玉の準備していたし、気分も正月だったからあらためて普通の日の夕方に視ていると・・・いやはや、やっぱりステキなライヴ!! とても50 overとも見えないしLOVE SONGが似合うし、まだまだオイラも負けてらんねぇゼイと思わせられる元気出るSHOWだった。


ダーリン(初回限定盤)

♪俺よりいい男がいるならそれでいい 泣いたのは幸せなお前が見れたから~♪(ダーリン)、♪眠れない街に愛する女がいる お前だけが死ぬほど好きさ ~ 悪さしながら男なら 粋で優しい馬鹿でいろ♪(祭りの後)=作詞:桑田佳祐

ソロの歌だけでもこれほど口ずさめる曲がある、なんか大人になってからの方が解る歌詞がある、だからハートが若さを取り戻す、よけいに胸がトキメキだす、、、やっぱ
桑田佳祐には勝てるはずなし......ってことだわサ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大相撲初場所 '08 [ライヴ]

一月場所チケット情報へ1/16は平日ながらOFF. 肋間神経痛が痛むなか。 通常年始は歌舞伎や落語を見に行ってたが今年は大相撲、やっぱ和物で正月気分を味わいたいやね。

もっとも両横綱とも蒙古国出身だし外国人力士が多いのはこのグローバル時代、許せる範囲だわさ、相撲は日本が生んだ国技らしいし。

客席も徐々に増えた気もしたがよくよく眺めると1階席後方はガラガラだし、2階席は前と後ろの各1列だけが混雑もようだけど中盤はガラガラ、せいぜい3~4割程度、閑な年寄り増えたはずだけどなかなか相撲見物までする余裕はできないのかな。株価も大下がりだし。

NHK 大相撲中継 2008年 01月号 [雑誌] 大相撲 2008年 01月号 [雑誌]

そうこうしてるうち本日結びの一番は朝青龍に対する豪栄道、高卒入門3年の日本人若者21歳だとか いやでも期待しちゃうんだけど・・・土俵に上がっても何か所在気なし、一見マイペースな仕切りかとも思えたんだが・・・やっぱダメだったねぇ 蛇に睨まれたカエルよろしく良いとこいっこも出せずに敗戦、いくら初顔とはいえもう少し覇気を見たかったなぁ。。。

ともあれ、正月恒例行事はそれなりに楽しめたので、今年も精一杯頑張っちゃおうぜイ。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。